作成者別アーカイブ: admin

長尾真先生をしのぶ会(オンライン) のご案内

こちらに録画ビデオを掲載しています。

元京都大学総長 長尾真先生におかれましては,かねてより病気療養中のところ,令和3年5月23日にご逝去されました.一同,謹んでご冥福をお祈りするとともに,先生の多大なご功績に感謝し,在りし日のお姿をしのぶ会を7月18日の午後2時から開催いたします.

                        記

長尾真先生をしのぶ会(オンライン)

日時: 7月18日(日) 14:00~16:00
開催: YouTubeでの配信
詳細はこちらをご覧ください

長尾真先生をしのぶ会発起人一同    

第273号(2021年7月)

PDF版

  • <巻頭言>
    • 会社人生を振り返って
  • <本部だより>
    • 洛友会本部役員会報告
    • 推薦会員
    • 洛友会本部総会報告
    • 役員の変更
  • <会員寄稿>
    • 北海道大学訪問のススメ
    • 社会人チームで活動を続ける理由
    • 本島修氏がレジオン・ドヌール勲章シュヴァリエを受章
    • アメリカのフランク協会のバウアー賞を受賞された福島邦彦さんとの運命的な出会い
  • <支部だより>
    • 関西支部総会報告
    • 北陸支部総会報告
  • <同窓会だより>
    • Zoomによる電気系学科卒業50周年記念同期会の開催
    • 洛友32会64周年クラス会
  • <事務局だより>
    • 長尾 真先生(昭34年卒)ご逝去
    • 訂正・追加
    • 訃報

長尾 真 先生(昭34年卒)ご逝去

本会前会長の長尾真先生におかれましては、病気ご療養中のところ、去る令和3年5月23日に逝去されました。ご葬儀は近親者のみにて執り行われました。ご遺族より香典や供花は辞退したいとのことです。

なお、長尾先生をしのぶ会(オンライン)を7月18日(日)14:00~16:00に開催致します(YouTubeで配信)。

詳細は決まり次第このページにてお知らせいたします。

電気系教室の歴史・資料について

以前からご要望のあった電気系教室の歴史や研究室の変遷についての資料を整備しました。
このうち教授一覧については、今後、洛友会名簿にも掲載を予定しております。

・電気教室百周年記念誌(平成10年9月刊行)第3章第4章
・電気系教室教授一覧(教室創設以来の教授の就退任時期、担当講座)2018年7月現在
・電気系教室および関連部門教官・教員名簿 S53-63年H01-15年H16-30年
・電気系教室研究室系統図(基幹分野のみ)1897-19951961-2018

なお、これらの資料については出来る限り正確を期していますが、誤りもあるかと思います。お気づきの点がありましたら事務局までお知らせ下さい。

第272号(2021年4月)

PDF版

  • <巻頭言>
    • 新時代の洛友会
  • <教室だより>
    • 2020年度電気系研究室交流野球大会閉幕
    • 教員の異動
    • 令和2年度卒業生の進学就職状況について(報告)
    • 学位記授与式
  • <会員寄稿>
    • 毛鉤を使った釣りのすすめ
    • 鈴鹿サーキットと運転の楽しみ
    • 宇治・京都での四年間
  • <支部だより>
    • 北海道支部総会報告
  • <事務局だより>
    • 訃報

2021年 先輩と学生との交流会 オンライン開催のお知らせ

企業に就職した先輩の体験を聞き、仕事の具体的な例を聞いてその中から自分の心に叶った目指すものを見出してもらう学生会員のための「先輩と学生との交流会」を下記の通り開催いたします。
学生会員の皆さんは是非参加してください。

日 時:令和3年3月15日(月)9:30~ 
会 場:オンライン(ZOOM)
対 象:京都大学工学部電気電子工学科3回生・関連する大学院修士1回生(その他の学年も参加可)
参加費:全て無料
服 装:自由

※参加申込方法等の詳細は電気電子工学科HPの就職情報のページをご覧ください。(ログインが必要です)

プログラム:(予定)
09:30- 第1部 企業紹介ショートプレゼンテーション(各社3分の動画を配信)
13:30- 第2部 Zoomのブレイクアウトルームを使用して企業説明会

参加企業:ATR, JR東海, KDDI, NEC, NTT研究所, NTTドコモ, NTT東日本, NTT西日本, エネゲート, 沖電気, 川崎重工, 関西電力, キーサイト, キオクシア, クボタ, 神戸製鋼, サンテスト, 四国電力, 住友電工, ダイハツ, 中国電力, 中部電力, デンソー, デンソーテン, 東京エレクトロン, 東芝, 東レ, 豊田自動織機, 日亜化学, 日産, 日本製鉄, 日本電産, パナソニック, 日立製作所, ファナック, 富士通, 富士電機, ブラザー, 古河電工, マツダ, 三菱電機, 村田機械, 村田製作所, ヤンマー, ユーシン精機, 横河電機, ルネサスエレクトロニクス, ローム

お問い合せ先:「先輩と学生との交流会」実行委員会 
koryu@kuee.kyoto-u.ac.jp

第4回 ウェブセミナー「京都大学からの提言」開催のお知らせ

(*English follows Japanese.)

このたび、京都大学及びS&R財団共催によるウェブセミナー「京都大学からの提言」の第4回を下記のとおり開催いたします。
多くの皆様のご参加をお待ちしております。

     記

テーマ:困難な時代の好奇心と勇気
 新型コロナウイルス感染症の拡大、政治的分極化、経済の激動、その他21世紀におけるグローバルな課題を前に、調和ある共存のために何ができるかについて対談を行います。

日時:【日本時間】2021年3月17日(水) 午前9時~
(【米国東部時間】2021年3月16日(火)午後8時~)
(【米国西海岸時間】2021年 3月16日(火)午後 5時~)

講演者:京都大学⾼等研究院副院⻑
      京都大学医学研究科附属がん免疫総合研究センター⻑
    本庶 佑
      (2018年ノーベル生理学・医学賞受賞)

        在米国日本大使館公使
        ワシントンDC京大会会長
        向 賢一郎  (京都大学卒業生)

(司会:赤松 謙子 (アッヴィ 上席主任研究員、Japan Bio Community代表、(京都大学卒業生))

使用言語:日本語(※英語への同時通訳あり)

定員:1,000名(当日ログイン順。1,000名を超えた場合はS&R財団Facebookのライブ配信をご視聴いただけます。)

視聴は無料ですが、事前登録が必要です。下記より必要事項を入力のうえ、送信ください(登録が正しく完了すれば、確認メールが届きます)。

https://us02web.zoom.us/webinar/register/1016139293407/WN_sYhZh9UxSO2ZeuyjQONjNw

申込み締切:2021年3月16日(火)(日本標準時)

本セミナーはS&R FoundationのFacebookページでもライブ配信します(日本語のみ)。
https://www.facebook.com/SandRFoundation

また、英語翻訳のビデオは後日、京都大学のYouTubeチャンネルで配信する予定です。

お問い合わせ:kunac_webinar@mail2.adm.kyoto-u.ac.jp

Subject Line: Webinar Invitation Curiosity and Courage in Challenging Times

Please join Kyoto University and S&R Foundation on Wednesday, March 17
from 9:00-10:00AM JST (Tuesday, March 16 from 8:00-9:00PM EDT or
5:00-6:00PM PDT) for a discussion on maintaining curiosity and courage
in challenging times with ongoing COVID-19 pandemic, political
polarization, economic upheaval, and other global 21st century
challenges. Featuring speakers 2018 Nobel Prize Laureate Dr. Tasuku
Honjo, Deputy Director-General, at Kyoto University Institute for
Advanced Study and Director of the Center for Cancer Immunotherapy and
Immunobiology (CCII) at Kyoto University, and with Minister Kenichiro
Mukai, Head of Chancery, Embassy of Japan in Washington, DC and
Chairman of the DC area Kyodai-kai as they share stories about their
day-to-day work, accomplishments, and aspirations in pursuit of a more
harmonious future. This discussion will be moderated by Dr. Yoshiko
Akamatsu, Senior Principal Research Scientist in Silicon Valley at
AbbVie Inc, a pharmaceutical company, President of the Japan Bio
Community, and Kyoto University alumna.

This webinar is provided free of charge. The main spoken language for
this webinar will be Japanese; however, simultaneous interpretation
will be provided for English and Japanese. The first 1000 registrants
to sign into the webinar will be admitted. This webinar will be
streamed live in Japanese on S&R Foundation’s Facebook page. The
English language video will be available on Kyoto University’s YouTube
channel following the event.

You can register for this webinar here:
https://us02web.zoom.us/webinar/register/1016139293407/WN_sYhZh9UxSO2ZeuyjQONjNw

Registration deadline: Tuesday, March 16, 2020 JST

After registering, you will receive a confirmation e-mail containing
information about the format of the meeting and the simultaneous
interpretation feature.

If you have any inquiries, please email to
<kunac_webinar@mail2.adm.kyoto-u.ac.jp>

第271号(2021年1月)

PDF版

  • <巻頭言>
    • 新年ご挨拶
  • <教室だより>
    • 令和2年度電気系教室懇話会報告
    • 退職記念行事のご案内
  • <会員寄稿>
    • Jリーグ私的スタジアムガイド
    • 四国での暮らし〜釣りをしてみて〜
    • 魚釣りのすすめ
  • <支部だより>
    • 東京支部 令和2年度 秋の講演会実施報告
  • <事務局だより>
    • 訃報